ディズニーを手掛ける造形作家が監修するエイジング

エイジング加工住宅画像

ディズニーを手掛ける造形作家が監修するエイジング

皆さん『エイジング』って知ってますか?

そうです。
ディズニーランドやディズニーシーとかにある、新しい建物を外国の昔の家みたいにする、あの施工方法の事です。

オシャレですよね!

かわいいですよね!

『エイジング』を辞書で調べると意味は・・・
年をとること。
ん~なんだか意味がわかりませんね。
最近は『新しい物を古びたように加工する』
って意味の方が主流になってきてるんじゃないですかね。

エイジングの家1
さてさて本題です。

最近、オシャレな家具屋さんや雑貨屋さんへ行っても、新品の家具やインテリア雑貨を長年使い込まれたような仕上げにするエイジング加工・アンティーク加工してある商品が沢山ありますね。

でも残念なことに・・・
買って帰ると、ピカピカなお部屋に似合わない・・・
こんなこと皆さん経験した事がありますよね。

それでも私は味のあるアンティーク家具が大好きです。
まぁ実際には、お高くて買えないのでアンティーク風家具ですが・・・(笑)

エイジングの家2
話はかわりますが・・・
ディズニーシーに遊びに行けば、イギリスのコッツウォルズ地方の昔のお家だったり、あたかも西部劇の時代にタイムスリップしたかのような感覚の建物が沢山ありますね。
大人も子供もドキドキするような空間ですよね。

ベリーズのおうちではこんな空間が大好きな人の為に、ディズニーランドも手掛ける本物の造形作家がエイジング施工を監修いたします。

エイジングの家3

エイジングの魅力

私はエイジングの魅力は見てくれのカワイさだけではないと思います。
エイジング施工のアンティークなお家にはガーデニングや手作りが似合います。

例えば、お庭です。
パパが造った家庭菜園に、ママが野菜の種を蒔きます。
毎日の水やり係は子供の仕事です。
ウッドデッキで収穫した野菜を使ってサラダパーティー!

こんな、お金をかけないでお庭遊びをしたり、毎日の生活をめいっぱい楽しむこと。
これがエイジング施工のお家がかもしだしてくれる手作りの楽しさではないでしょうか?
皆さんも私達と一緒に、お家遊びしましょう!

エイジングの家4